平成十六年度 出陣ねぶた
観光コンベンション協会会長賞
「 猿賀権現 鬼面奉射 」

 尾上町の猿賀神社では、毎年春に鬼面奉射という神事が行われている。

 延暦年中、坂上田村麿[さかのうえのたむらまろ]が蝦夷の長 大丹丸[おおたんまる]大丈[おおたけ]丸、大嵩[おおたけ]丸とも)を討ち取り、その首を猿賀山の森に埋めた。 後にこの森は大丹森(現、小田森)と称されるようになった。 この故事により、毎年正月、森にある大杉の枝に鬼を描いて懸け、弓で射る行事が行われるようになったという。

 その後、大浦為信[おおうらためのぶ]公が猿賀権現(現・猿賀神社)を参詣し、祈願所にしたいと申し出で、社殿を修復された。 以降正月十一日に、境内の大樹に巨大な鬼面を懸け、大きな弓でこれを射って、悪魔退散、国家安穏を祈願する祭事となったと言われる。

 現在は、その日程が崇敬会[すうけいかい]大祭の五月三日にうつされているが、祝詞奏上後、宮司により二矢放たれ、鬼面を割り、更に太刀をもって打ち砕くという神事が、古式ゆかしく行われているのである。

解説/竹浪 比呂夫