平成十五年度 出陣ねぶた
市長賞
囃子賞
志功画伯に捧ぐ
「 赫不動・青不動 」

 戦後、数々の国際的栄誉を獲得し、「世界のムナカタ」 として内外から高い評価を得た版画家・棟方志功。

 画伯は常に青森を愛し、また、ねぶたを愛した人でもありました。 「ネブタの色、これこそ絶対まじりけのない、わたくしの色彩です」(板極道)というように、ねぶたの鮮烈な原色や、荒々しくたくましい絵画性、跳人[はねと]の熱狂は志功芸術の根源であるといわれています。

 一方、「[][かく]も、わたくしの性格から好んで描きたい画題です」(板散華)といっているものに不動明王[ふどうみょうおう]があります。 忿怒[ふんぬ]の形相をし、右手に降魔[こうま]の剣を持ち、一切の悪魔を降伏させる不動明王。 棟方志功記念館(青森市)には、倭絵[やまとえ]赫不動[あかふどう]青不動[あおふどう]」 が所蔵されています。

 今年は画伯生誕百年にあたります。 これを記念し、赫・青一対の不動明王像をねぶたに作り、生涯にわたって青森を想いつづけ、故郷の土に還っていった偉大な津軽人、芸術家 棟方志功画伯の御霊[みたま]に捧げるものであります。

解説/竹浪 比呂夫